メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  「楽観的」な糖尿病患者は残薬が多い

「楽観的」な糖尿病患者は残薬が多い

2型糖尿病患者の残薬に関する調査

2017年11月21日 18:04

 服薬アドヒアランスは治療の成否に大きな影響を及ぼすが、その良しあしは患者ごとに大きく異なり、その実態はつかみづらい。横浜市立大学分子内分泌・糖尿病内科学教室教授の寺内康夫氏は11月14日、日本イーライリリーが東京都で開いたプレスセミナーで、2型糖尿病患者の残薬に関する調査の結果を報告するとともに、糖尿病治療における服薬アドヒアランスの重要性について解説した。同調査では、自身の症状に楽観的な患者や多忙で症状の改善をあきらめている患者では、服薬アドヒアランスが不良になる傾向が示されたという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  「楽観的」な糖尿病患者は残薬が多い