メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  セックス中の心停止例の実態調査

セックス中の心停止例の実態調査

76%に危険な不整脈、バイスタンダーCPRは3分の1のみ

 2017年11月22日 06:30
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 性行為は突然の心停止の引き金になる可能性があるが、その発症率などを調査した研究はない。フィンランド・Helsinki University HospitalのAapo L. Aro氏、米・Cedars-Sinai Medical CenterのSumeet S. Chugh氏らは、米・オレゴン州の住民を対象としたOregon Sudden Unexpected Death Study(SUDS)で、性行為が引き金となった突然の心停止について検討した。その結果、性行為が引き金となった性行為関連心停止例の76%が心室細動(VF)または心室頻拍(VT)を発症していたにもかかわらず、3分の1しかバイスタンダー心肺蘇生法(CPR)を受けていなかったと米国心臓協会学術集会(AHA 2017、11月11~15日)で発表した。同氏らは、突然の心停止に対するバイスタンダーCPRの教育が重要だと指摘している。同研究結果はJ Am Coll Cardiol2017; 70: 2599-2600)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月14日は「世界糖尿病デー」。自身の診療領域の疾患啓発デーに対する認知度

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  セックス中の心停止例の実態調査

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11511660 有効期限:11月末まで