メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  新しい抗てんかん薬を新規発症の治療に推奨

新しい抗てんかん薬を新規発症の治療に推奨

てんかん診療ガイドライン2018

 2017年11月24日 06:25
プッシュ通知を受取る

 日本神経学会による「てんかん診療ガイドライン2018」(以下GL2018、作成委員会委員長=福島県立医科大学神経内科学講座教授・宇川義一氏)の作成が大詰めを迎えた。現行の「てんかん治療ガイドライン2010」(以下、GL2010)刊行以降に登場した新しい経口抗てんかん薬は、GL2018では新規発症の治療薬として推奨されるという。GL2018作成委員会委員で国立精神・神経医療研究センターてんかんセンター長・小児神経科主任医長の須貝研司氏が、第51回日本てんかん学会(11月3~5日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  新しい抗てんかん薬を新規発症の治療に推奨

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12511675 有効期限:12月末まで