メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

脈圧の上昇が将来の全死亡予測に有用

【海外短報】

 2017年11月26日 06:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 将来の全死亡予測には平均動脈圧(MAP)より脈圧の上昇が有用であると、ギリシャなどのグループがAm J Hypertens2017; 30: 1093-1099)に発表した。

 同グループは、16~95歳の正常血圧者7万1,629例を対象に上腕の脈圧(bPP)とMAPを1992年と平均5.8年後の2回測定。中心脈圧(cPP)を確立されたアルゴリズムで推定した。2回の測定におけるbPP、cPP、MAPの変化を上昇、低下、不変(参照群)に分類し、中央値6.9年の追跡における全死亡(2,033例)との関係を検討した。

 交絡因子を補正したCox回帰モデルで、参照群と比較した全死亡の相対リスク(RR)を算出した。その結果、bPPまたはcPPの上昇はRRの200%上昇、bPPとcPPの低下はRRの15%低下、MAPの上昇はRRの68%上昇、MAPの低下はRRの7%上昇と関係していた。性で層別化した相互作用解析では、脈圧の年間上昇幅は男性では55歳以下で大きく、女性では55歳以下で小さかった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  脈圧の上昇が将来の全死亡予測に有用

error in template: found but mtif was expected