メニューを開く 検索 ログイン

新薬により乳児患者の8割が1歳超生存

ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症

2017年11月27日 16:55

 ライソゾーム病の一種であるライソゾーム酸性リパーゼ欠損症(LAL-D)では、新生児期に発症する乳児型の予後が悪く、ほぼ全例が生後12カ月以内に死に至る。昨年(2016年)、初のLAL-D治療薬セベリパーゼアルファ(商品名カヌマ)が発売され、治療が可能になった。同薬の製造元であるアレクシオンファーマは、セベリパーゼアルファによる治療を受けた乳児期発症LAL-D患者の80%が1歳を超えて生存したと発表した。この結果は、北米小児栄養消化器肝臓学会(NASPGHAN)年次集会(11月1〜4日)で報告された。(関連記事:「ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症は治療可能」

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  新薬により乳児患者の8割が1歳超生存

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで