メニューを開く 検索 ログイン

BP製剤とSERMの直接比較の結果が発表

骨粗鬆症におけるランダム化比較試験・JOINT-04

2017年11月28日 06:01

5名の医師が参考になったと回答 

 骨粗鬆症至適療法研究会(A-TOP研究会)が女性の骨粗鬆症患者約3,200例を対象に実施したJOINT-04研究の成績を、川崎医科大学放射線医学(核医学)教授の曽根照喜氏が第19回日本骨粗鬆症学会(10月20~22日)で報告した(関連記事:「国内初のBP製剤前向き研究で"顎骨壊死なし"」)。同研究は、ビスホスホネート製剤(BP)のミノドロン酸と選択的エストロゲンモジュレーター(SERM)ラロキシフェンで骨粗鬆症治療による骨折の抑制効果などを直接比較する試験。同研究の実施により、有効性と安全性はもとより、2つの薬剤の使い分けのエビデンスを得る狙いがある。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  BP製剤とSERMの直接比較の結果が発表