メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  PM2.5への曝露で精子の質が低下

PM2.5への曝露で精子の質が低下

台湾男性6,000人の横断調査

2017年11月28日 06:00

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大気汚染による微小粒子状物質PM2.5への曝露が精液の質に及ぼす影響について、これまで一致した見解は示されていない。中国・Chinese University of Hong KongのXiang Qian Lao氏らは台湾男性を対象とした横断研究の結果、「PM2.5への曝露は、精子の正常形態率の低下および精子濃度の上昇に関連していた。PM2.5への曝露は男性のリプロダクティブヘルスのリスク因子になる可能性がある」とOccup Environ Med2017年11月13日オンライン版)で報告した(関連記事「PM2.5でストレスホルモン、血圧が上昇」「過去39年間に西洋諸国の男性で精子数が半減」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  PM2.5への曝露で精子の質が低下