メニューを開く 検索を開く ログイン

ダニアレルギー性鼻炎患者の6割は受療せず

背景に認知不足を示唆

 2017年11月29日 06:30
プッシュ通知を受取る

 ダニを主なアレルゲンとする通年性アレルギー性鼻炎の適切なケアには、患者がその症状や治療法・防御策を正しく理解する必要がある。そういった背景を踏まえて、同疾患患者(通年性患者)を対象に、その対策製品や治療薬を販売しているサンゲツ、塩野義製薬、ダイキン工業、帝人の4社が実施したアンケートの結果が11月21日に公表された(関連記事「ダニアレルギー性鼻炎に異業種4社がタッグ」)。アンケートからは、通年性患者の約6割が受療していないことが判明。その背景には、同疾患に対する認識不足があることが示唆された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  耳鼻咽喉 »  ダニアレルギー性鼻炎患者の6割は受療せず

error in template: found but mtif was expected