メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬の初発予防効果に現時点での解答

SGLT2阻害薬の初発予防効果に現時点での解答

CANVAS Programサブ解析

2017年11月29日 14:00

 世界30カ国667施設で、心血管リスクの高い2型糖尿病患者1万142 例を対象にSGLT2阻害薬カナグリフロジンの心・腎保護効果を検討したCANVAS Programでは、カナグリフロジンは心血管イベントリスクを低下させるとともに、腎保護効果も示した(関連記事「これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定」「カナグリフロジンに心腎保護効果」)。米・Stanford UniversityのKenneth W. Mahaffey氏らは、同試験のデータを心血管疾患の既往の有無など各種サブグループで解析し直した結果をCirculation2017年11月13日オンライン版)で報告。臨床的に注目が集まるSGLT2阻害薬の心血管疾患初発予防効果に現時点での解答が示された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬の初発予防効果に現時点での解答