メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

SGLT2阻害薬の初発予防効果に現時点での解答

CANVAS Programサブ解析

 2017年11月29日 14:00
プッシュ通知を受取る

 世界30カ国667施設で、心血管リスクの高い2型糖尿病患者1万142 例を対象にSGLT2阻害薬カナグリフロジンの心・腎保護効果を検討したCANVAS Programでは、カナグリフロジンは心血管イベントリスクを低下させるとともに、腎保護効果も示した(関連記事「これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定」「カナグリフロジンに心腎保護効果」)。米・Stanford UniversityのKenneth W. Mahaffey氏らは、同試験のデータを心血管疾患の既往の有無など各種サブグループで解析し直した結果をCirculation2017年11月13日オンライン版)で報告。臨床的に注目が集まるSGLT2阻害薬の心血管疾患初発予防効果に現時点での解答が示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬の初発予防効果に現時点での解答

error in template: found but mtif was expected