メニューを開く 検索を開く ログイン

PAP療法で睡眠呼吸障害患者のQOL改善

アドヒアランス良好な患者で効果大

 2017年11月30日 06:55
プッシュ通知を受取る

 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)をはじめとする睡眠呼吸障害(SDB)は一般的な疾患であり、米国では一般人口の15〜30%が罹患していると推定されている。SDBでは、低酸素、自律神経の変動、微小覚醒などによりQOLが低下する。米・Cleveland ClinicのHarneet Walia氏らは、SDB患者に対する気道陽圧(PAP)療法によるQOL改善効果について検討し、「SDB患者では、PAP療法によりQOLが改善した。特に、アドヒアランスが良好に維持できている患者でより大きな改善が見られた」とJ Clin Sleep Med2017; 13: 1255-1263)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  PAP療法で睡眠呼吸障害患者のQOL改善

error in template: found but mtif was expected