メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  PAP療法で睡眠呼吸障害患者のQOL改善

PAP療法で睡眠呼吸障害患者のQOL改善

アドヒアランス良好な患者で効果大

 2017年11月30日 06:55
プッシュ通知を受取る

 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)をはじめとする睡眠呼吸障害(SDB)は一般的な疾患であり、米国では一般人口の15〜30%が罹患していると推定されている。SDBでは、低酸素、自律神経の変動、微小覚醒などによりQOLが低下する。米・Cleveland ClinicのHarneet Walia氏らは、SDB患者に対する気道陽圧(PAP)療法によるQOL改善効果について検討し、「SDB患者では、PAP療法によりQOLが改善した。特に、アドヒアランスが良好に維持できている患者でより大きな改善が見られた」とJ Clin Sleep Med2017; 13: 1255-1263)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

池袋暴走事故の被疑者、書類送検へ

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  PAP療法で睡眠呼吸障害患者のQOL改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11511715 有効期限:11月末まで