メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  コーヒー摂取による害と益の分水嶺は?

コーヒー摂取による害と益の分水嶺は?

アンブレラ・レビューに基づく解析

 2017年11月30日 06:35
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 コーヒー摂取による不眠や心拍数の増加、血圧の上昇などといった負の報告がある中、1日3杯程度のコーヒー摂取により全死亡のリスクが17%有意に低下するなど、同程度の摂取だと害より益に働くことが、英・University of SouthamptonのRobin Poole氏らによるアンブレラ・レビュー(umbrella review)で示されたBMJ(2017; 359: j5024)。しかし米・ Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health教授のEliseo Guallar氏は、同誌の付随論評で「疾病予防のために医師はコーヒー摂取を勧めるべきではない」と釘を刺している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  コーヒー摂取による害と益の分水嶺は?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02511734 有効期限:2月末まで