メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

コーヒー摂取による害と益の分水嶺は?

アンブレラ・レビューに基づく解析

 2017年11月30日 06:35
プッシュ通知を受取る

42名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 コーヒー摂取による不眠や心拍数の増加、血圧の上昇などといった負の報告がある中、1日3杯程度のコーヒー摂取により全死亡のリスクが17%有意に低下するなど、同程度の摂取だと害より益に働くことが、英・University of SouthamptonのRobin Poole氏らによるアンブレラ・レビュー(umbrella review)で示されたBMJ(2017; 359: j5024)。しかし米・ Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health教授のEliseo Guallar氏は、同誌の付随論評で「疾病予防のために医師はコーヒー摂取を勧めるべきではない」と釘を刺している。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  コーヒー摂取による害と益の分水嶺は?