メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  コーヒー摂取による害と益の分水嶺は?

コーヒー摂取による害と益の分水嶺は?

アンブレラ・レビューに基づく解析

2017年11月30日 06:35

43名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 コーヒー摂取による不眠や心拍数の増加、血圧の上昇などといった負の報告がある中、1日3杯程度のコーヒー摂取により全死亡のリスクが17%有意に低下するなど、同程度の摂取だと害より益に働くことが、英・University of SouthamptonのRobin Poole氏らによるアンブレラ・レビュー(umbrella review)で示されたBMJ(2017; 359: j5024)。しかし米・ Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health教授のEliseo Guallar氏は、同誌の付随論評で「疾病予防のために医師はコーヒー摂取を勧めるべきではない」と釘を刺している。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  コーヒー摂取による害と益の分水嶺は?