メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »   »  涙液減少型ドライアイは摩擦の関与大

涙液減少型ドライアイは摩擦の関与大

BUT短縮型との比較検討

 2017年12月01日 06:20
プッシュ通知を受取る

 ドライアイの病態を構成する要素として、開瞼維持時の「涙液層の安定性低下」と瞬目時の「摩擦亢進」がある。また、ドライアイの臨床的なサブタイプとして、涙液減少型ドライアイ(涙液減少型DE)と涙液層破壊時間(BUT)短縮型ドライアイ(BUT短縮型DE)があるが、これらのサブタイプで開瞼維持時の「涙液層の安定性低下」と瞬目時の「摩擦亢進」の関与する程度がどのように違っているのかは、まだ分かっていない。京都府立医科大学眼科学教室の加藤弘明氏はドライアイの臨床所見を検討し、両サブタイプの間で関与する要素の違いを明らかにしたと、第71回日本臨床眼科学会(10月12〜15日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »   »  涙液減少型ドライアイは摩擦の関与大

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02511741 有効期限:2月末まで