メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  経口カプセル便移植がCDI再発予防に有効

経口カプセル便移植がCDI再発予防に有効

大腸内視鏡下移植に対する非劣性を確認

2017年12月01日 06:05

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 糞便微生物移植法(FMT)はClostridium difficile感染症(CDI)の再発予防に有効であることが報告されているが、移植経路により効果が異なるかどうかは明らかにされていない。カナダ・University of AlbertaのDina Kao氏らは、健康なドナーの凍結糞便から製造した経口カプセルによるFMTと大腸内視鏡によるFMTのCDI再発予防効果を比較する非盲検ランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果、経口カプセルによるFMTの非劣性が示されたとJAMA2017; 318: 1985-1993)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  経口カプセル便移植がCDI再発予防に有効