メニューを開く 検索を開く ログイン

慢性疼痛に有効なマインドフルネス

患者中心の体験的プログラム

 2017年12月01日 06:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 欧米などで慢性疼痛に有効だとされる患者中心の体験的プログラムである「マインドフルネスストレス低減法」(MBSR)の実際について、西京都病院・関西医科大学心療内科の臨床心理士である山本和美氏が第9回日本線維筋痛症学会(10月14~15日)で紹介した。注意集中力を高めセルフケア能力を養うMBSRの具体的プログラムや効果機序などを説明したうえで、「線維筋痛症を含む慢性疼痛の補完的治療として臨床での発展が期待される」と述べた。〔読み解くためのキーワード:マインドフルネスストレス低減法

1711082_pho1.jpg

プラクティスの実際の様子

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  リウマチ・膠原病 »  慢性疼痛に有効なマインドフルネス

error in template: found but mtif was expected