メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  がん細胞の生存戦略を逆手に取る早期診断法

がん細胞の生存戦略を逆手に取る早期診断法

マイクロRNAに着目

2017年12月04日 06:00

1名の医師が参考になったと回答 

 今年(2017年)8月、「血液1滴で13種のがんを同時診断」というニュースが一般メディアを騒がせた。国立がん研究センターが中心になって開発したこのがん早期診断法は、細胞間の遺伝情報伝達物質であるマイクロRNA(miRNA)に着目したものである。miRNAは、がん細胞から分泌され、正常細胞のがん化やがん転移などのがん細胞の巧みな生存戦略の重要な"兵器"であることが近年分かってきた。それだけでなく、個体間の遺伝情報伝達に使われている可能性も十分に考えられるようになり、生物進化の鍵を握っているかもしれないという。同センター分子細胞治療研究分野主任分野長の落谷孝広氏らの研究から、miRNAの現在を紹介する。

〔第58回日本人間ドック学会の特別講演の内容を再構成〕

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  がん細胞の生存戦略を逆手に取る早期診断法