メニューを開く 検索を開く ログイン

米HBV感染による負担軽減でGL策定

3項目のBest Practical Adviceを提示

 2017年12月04日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 高リスク成人に対するワクチン接種、検診、治療への連携を通じて、慢性B型肝炎ウイルス(HBV)感染による負担の軽減を図ることは公衆衛生上、優先度の高い課題である。そこで、米国内科医学会(ACP)High Value Care Task Forceと米疾患対策センター(CDC)は合同で、成人を対象とした慢性HBV感染の予防、検診、治療連携に関する"最良の実践的なアドバイス(Best Practical Advice)"を臨床ガイドライン(GL)としてまとめ、Ann Intern Med2017年11月21日オンライン版)で公開した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  米HBV感染による負担軽減でGL策定

error in template: found but mtif was expected