メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  がん »  前立腺がん対象の試験、早期に盲検解除

前立腺がん対象の試験、早期に盲検解除

実薬群で骨折、死亡が多い

 2017年12月05日 06:00
プッシュ通知を受取る

 独・バイエル社は11月30日、塩化ラジウム(Ra)-223(商品名ゾーフィゴ)の第Ⅲ相試験を早期に盲検解除するようデータモニタリング委員会(Independent Data Monitoring Committee;IDMC)から勧告を受けたと発表した。骨転移のある去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)患者を対象にした盲検試験において、プラセボ群に比べてRa-223とアビラテロン酢酸エステルおよびプレドニゾン(またはプレドニゾロン)を併用した群で、骨折および死亡がより多く見られたため。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  がん »  前立腺がん対象の試験、早期に盲検解除

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02511794 有効期限:2月末まで