メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  短期睡眠行動療法が高齢者の不眠症を改善

短期睡眠行動療法が高齢者の不眠症を改善

 2017年12月05日 16:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 慢性不眠症は高齢者の15~35%に認められ、夜ごとの睡眠のばらつきは高齢者の不眠症を理解し治療する上で重要な臨床的特徴および治療標的であることが示されている。米・Dartmouth CollegeのWai Sze Chan氏らは、慢性不眠症の高齢者を対象に短期睡眠行動療法(BBT-I)と自己モニタリング・注意制御(self-monitoring and attention control;SMAC)の効果をランダム化比較試験(RCT)で検討。その結果、BBT-Iは就床・起床時刻の一貫性の向上と就床時間の短縮を通じて睡眠のばらつきを改善する有効な方法であることが示されたとJ Clin Sleep Med2017; 13: 1243-1254)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ホーム »  ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  短期睡眠行動療法が高齢者の不眠症を改善

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12511802 有効期限:12月末まで