メニューを開く 検索を開く ログイン

短期睡眠行動療法が高齢者の不眠症を改善

 2017年12月05日 16:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 慢性不眠症は高齢者の15~35%に認められ、夜ごとの睡眠のばらつきは高齢者の不眠症を理解し治療する上で重要な臨床的特徴および治療標的であることが示されている。米・Dartmouth CollegeのWai Sze Chan氏らは、慢性不眠症の高齢者を対象に短期睡眠行動療法(BBT-I)と自己モニタリング・注意制御(self-monitoring and attention control;SMAC)の効果をランダム化比較試験(RCT)で検討。その結果、BBT-Iは就床・起床時刻の一貫性の向上と就床時間の短縮を通じて睡眠のばらつきを改善する有効な方法であることが示されたとJ Clin Sleep Med2017; 13: 1243-1254)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  短期睡眠行動療法が高齢者の不眠症を改善

error in template: found but mtif was expected