メニューを開く 検索を開く ログイン

肺炎球菌ワクチン再接種の必要性

蓄積されてきたエビデンス

 2017年12月07日 06:15
プッシュ通知を受取る

20名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国では、65歳以上で肺炎球菌ワクチン〔23価肺炎球菌莢膜多糖体ワクチン(PPSV23)〕が定期接種化されたことで接種率は上がったものの、初回接種後に免疫原性が低下するため、再接種が必要とされている。今年(2017年)7月、日本感染症学会肺炎球菌ワクチン再接種問題検討委員会による「肺炎球菌ワクチン再接種に関するガイダンス(改訂版)」が公表された。国内におけるワクチン再接種の効果と安全性も明らかになりつつあるという。同委員会委員長で東北大学加齢医学研究所抗感染症薬開発寄附研究部門教授の渡辺彰氏に、肺炎球菌ワクチン再接種の必要性とその根拠について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  肺炎球菌ワクチン再接種の必要性