メニューを開く 検索を開く ログイン

「外保連試案2018」が公表、より精緻化

診療報酬次期改定では「夜間・休日加算の施設基準緩和」を強く要望

 2017年12月07日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 外科系学会社会保険委員会連合(外保連)が作成する「外保連試案2018」が公表された。同試案は、2018年度診療報酬改定作業では、中央社会保険医療協議会(中医協)において活用される。12月5日に東京都で開かれた外保連記者懇談会では、外保連会長で埼玉病院事業管理者の岩中督氏らにより、同試案の概要が報告された。また2018年度診療報酬改定要望として、夜間・休日加算の施設基準緩和を求めることなどが示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

一都三県の緊急事態宣言は7日に解除すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  医療制度 »  「外保連試案2018」が公表、より精緻化