メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  医療制度 »  「外保連試案2018」が公表、より精緻化

「外保連試案2018」が公表、より精緻化

診療報酬次期改定では「夜間・休日加算の施設基準緩和」を強く要望

2017年12月07日 06:00

7名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 外科系学会社会保険委員会連合(外保連)が作成する「外保連試案2018」が公表された。同試案は、2018年度診療報酬改定作業では、中央社会保険医療協議会(中医協)において活用される。12月5日に東京都で開かれた外保連記者懇談会では、外保連会長で埼玉病院事業管理者の岩中督氏らにより、同試案の概要が報告された。また2018年度診療報酬改定要望として、夜間・休日加算の施設基準緩和を求めることなどが示された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  医療制度 »  「外保連試案2018」が公表、より精緻化