メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  DOACで心房細動の腎有害転帰リスクが低減

DOACで心房細動の腎有害転帰リスクが低減

【海外短報】

2017年12月08日 06:05

10名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)のダビガトランまたはリバーロキサバンを使用している心房細動患者は、ワルファリン使用患者に比べ腎の有害転帰リスクが低いと、米国などのグループがJ Am Coll Cardiol2017; 70: 2621-2632)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  DOACで心房細動の腎有害転帰リスクが低減