メニューを開く 検索を開く ログイン

安全な避難所生活の確保に向け提言

避難所・避難生活学会

 2017年12月08日 06:10
プッシュ通知を受取る

 わが国では数多くの自然災害を経験し、被災後の静脈血栓塞栓症(VTE、エコノミークラス症候群)対策が啓発されてきたにもかかわらず、昨年(2016年)に発生した熊本地震では車中泊による死亡者が発生した。そこで、避難所・避難生活学会(代表理事=新潟大学呼吸循環外科講師・榛沢和彦氏)は12月1日東京都で開催した第3回同学会(大会長=榛沢氏)で被災者に質、量、迅速さが担保された安全な避難所環境が提供されるよう国・自治体に対する提言を発表した。

1712005_pho1.jpg

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  安全な避難所生活の確保に向け提言

error in template: found but mtif was expected