メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

喫煙が筋骨格系損傷リスクを増大

 2017年12月08日 17:45
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Womack Army Medical CenterのSheryl Bedno氏らが、米国陸軍兵士を対象に喫煙およびトレーニングに関連した筋骨格系損傷についてメタアナリシスを行った結果、喫煙者では非喫煙者に比べて筋骨格系損傷のリスクが約30%高いことが分かった。詳細はMed Sci Sports Exerc2017; 49: 2191-2197)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  喫煙が筋骨格系損傷リスクを増大

error in template: found but mtif was expected