メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  喫煙が筋骨格系損傷リスクを増大

喫煙が筋骨格系損傷リスクを増大

 2017年12月08日 17:45
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Womack Army Medical CenterのSheryl Bedno氏らが、米国陸軍兵士を対象に喫煙およびトレーニングに関連した筋骨格系損傷についてメタアナリシスを行った結果、喫煙者では非喫煙者に比べて筋骨格系損傷のリスクが約30%高いことが分かった。詳細はMed Sci Sports Exerc2017; 49: 2191-2197)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  喫煙が筋骨格系損傷リスクを増大

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12511867 有効期限:12月末まで