メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  喫煙が筋骨格系損傷リスクを増大

喫煙が筋骨格系損傷リスクを増大

2017年12月08日 17:45

6名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Womack Army Medical CenterのSheryl Bedno氏らが、米国陸軍兵士を対象に喫煙およびトレーニングに関連した筋骨格系損傷についてメタアナリシスを行った結果、喫煙者では非喫煙者に比べて筋骨格系損傷のリスクが約30%高いことが分かった。詳細はMed Sci Sports Exerc2017; 49: 2191-2197)に発表された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  喫煙が筋骨格系損傷リスクを増大