メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  一部のSGLT2阻害薬で消化管がんリスク低下か

一部のSGLT2阻害薬で消化管がんリスク低下か

糖尿病治療薬とがんの関係

2017年12月11日 15:41

4名の医師が参考になったと回答 

 糖尿病患者では一般人口に比べ、がん罹患リスクが高い。国立がん研究センター中央病院総合内科・歯科・がん救急科科長の大橋健氏は、第32回日本糖尿病合併症学会(10月27~29日)で、糖尿病診療に当たる医師に向け、糖尿病だけでなくがんにも留意することを呼びかけた(関連記事「糖尿病初診時に膵がんを見逃すな」)。同氏は、同じ講演の中で、糖尿病治療薬とがんとの関係について解説。今年(2017年)発表されたランダム化比較試験(RCT)のメタ解析で、一部のSGLT2阻害薬により消化管がんの罹患リスクが低下すると報告されていることを紹介した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  一部のSGLT2阻害薬で消化管がんリスク低下か