メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  一部のSGLT2阻害薬で消化管がんリスク低下か

一部のSGLT2阻害薬で消化管がんリスク低下か

糖尿病治療薬とがんの関係

 2017年12月11日 15:41
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 糖尿病患者では一般人口に比べ、がん罹患リスクが高い。国立がん研究センター中央病院総合内科・歯科・がん救急科科長の大橋健氏は、第32回日本糖尿病合併症学会(10月27~29日)で、糖尿病診療に当たる医師に向け、糖尿病だけでなくがんにも留意することを呼びかけた(関連記事「糖尿病初診時に膵がんを見逃すな」)。同氏は、同じ講演の中で、糖尿病治療薬とがんとの関係について解説。今年(2017年)発表されたランダム化比較試験(RCT)のメタ解析で、一部のSGLT2阻害薬により消化管がんの罹患リスクが低下すると報告されていることを紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  一部のSGLT2阻害薬で消化管がんリスク低下か

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07511890 有効期限:7月末まで