メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

肺癌学会が「中皮腫細胞診断の手引き」を公表

 2017年12月12日 06:05
プッシュ通知を受取る

 日本肺癌学会は12月1日、公式サイトで「悪性胸膜中皮腫細胞診断の手引き」(第1.0版)を公表した。中皮腫と診断された場合には、「石綿による健康被害の救済に関する法律(石綿健康被害救済法)」および労災による補償が受けられるが、いずれにおいても、認定には中皮腫としての臨床経過および病理診断が必要となる。しかし、中皮腫は主に高齢期に発症し、発症した時点で全身状態が不良であるケースが多い。このような場合には胸腔鏡による生検は行えないが、同手引きによると体腔液の細胞診断が認定の判断材料となるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  肺癌学会が「中皮腫細胞診断の手引き」を公表