メニューを開く 検索を開く ログイン

324種のがん遺伝子変異を一度で検査

米・次世代シークエンスによる包括的な遺伝子探索アッセイを承認

 2017年12月12日 06:20
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は11月30日、次世代シークエンス(NGS)解析により、324種の遺伝子変異を一度に探索できる検査法「FoundationOne CDx (F1CDx、米・Foundation Medicine社)」を承認したと発表した。今回の承認の審査に当たっては、米国における公的医療保険制度の運営母体であるメディケア・メディケイドサービスセンター(CMS)の審査を並行して行う制度が適用された。(関連記事:「【解説】がん遺伝子解析の革新」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  324種のがん遺伝子変異を一度で検査

error in template: found but mtif was expected