メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  感染症 »  感染症とワクチンの現況および課題を解説

感染症とワクチンの現況および課題を解説

 2017年12月18日 06:30
プッシュ通知を受取る

 日本ワクチン学会の招請を受け、特別講演の演者を務めたワクチン研究の第一人者である米・Johns Hopkins Bloomberg School of Public HealthのStanley A. Plotkin氏は、各感染症に対するワクチンを紹介するとともに、現在の課題や今後の研究の方向性について広範に解説した。同氏は風疹ワクチンをはじめさまざまなワクチン開発に貢献している。著書の『Plotkin's Vaccines』は感染症や公衆衛生に携わる多くの関係者に読まれている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  感染症 »  感染症とワクチンの現況および課題を解説

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02511951 有効期限:2月末まで