メニューを開く 検索を開く ログイン

乳がん術後の内分泌療法は「7年で十分」

閉経後HR陽性乳がん:10年では骨折リスクが増加

 2017年12月18日 11:55
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 閉経後のホルモン受容体陽性早期乳がんで、5年間の術後治療を終了後、アロマターゼ阻害薬(AI)のアナストロゾールを2年間追加投与する群と5年間追加投与する群を比較した第Ⅲ相ランダム化比較試験ABCSG-16の結果から、両群で予後は変わらない一方で、アナストロゾールの5年間追加投与により骨折リスクが増加することが示された。オーストリア・Medical University of ViennaのMichael Gnant氏が第40回サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS 2017、12月5~9日、ウィーン)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  乳がん術後の内分泌療法は「7年で十分」