メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  乳がん術後の内分泌療法は「7年で十分」

乳がん術後の内分泌療法は「7年で十分」

閉経後HR陽性乳がん:10年では骨折リスクが増加

2017年12月18日 11:55

3名の医師が参考になったと回答 

 閉経後のホルモン受容体陽性早期乳がんで、5年間の術後治療を終了後、アロマターゼ阻害薬(AI)のアナストロゾールを2年間追加投与する群と5年間追加投与する群を比較した第Ⅲ相ランダム化比較試験ABCSG-16の結果から、両群で予後は変わらない一方で、アナストロゾールの5年間追加投与により骨折リスクが増加することが示された。オーストリア・Medical University of ViennaのMichael Gnant氏が第40回サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS 2017、12月5~9日、ウィーン)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  乳がん術後の内分泌療法は「7年で十分」