メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  乳がん術後の内分泌療法は「7年で十分」

乳がん術後の内分泌療法は「7年で十分」

閉経後HR陽性乳がん:10年では骨折リスクが増加

 2017年12月18日 11:55
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 閉経後のホルモン受容体陽性早期乳がんで、5年間の術後治療を終了後、アロマターゼ阻害薬(AI)のアナストロゾールを2年間追加投与する群と5年間追加投与する群を比較した第Ⅲ相ランダム化比較試験ABCSG-16の結果から、両群で予後は変わらない一方で、アナストロゾールの5年間追加投与により骨折リスクが増加することが示された。オーストリア・Medical University of ViennaのMichael Gnant氏が第40回サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS 2017、12月5~9日、ウィーン)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今の勤務先に満足していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  乳がん術後の内分泌療法は「7年で十分」

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09511960 有効期限:9月末まで