メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  C型肝炎治療は新たなステージへ

C型肝炎治療は新たなステージへ

パンジェノタイプ、最短8週間の治療期間

2017年12月19日 06:10

 全ゲノタイプ(GT)のC型肝炎ウイルス(HCV)感染者に有効(パンジェノタイプ)で、最短で8週間のリバビリン(RBV)フリー治療が可能となる新たな直接作用型抗ウイルス薬(DAA)グレカプレビル(GLE)/ピブレンタスビル(PIB、商品名マヴィレット配合錠)が11月27日に発売され、C型肝炎治療は新たなステージに入った(関連記事:「日本初、全ゲノタイプに有効なC肝治療薬」)。虎の門病院分院(川崎市)分院長の熊田博光氏は、GLE/PIBの特徴とC型肝炎治療の現状について、11月28日に東京都で開かれたメディアセミナーで解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  C型肝炎治療は新たなステージへ