メニューを開く 検索を開く ログイン
【お知らせ】大型連休中の各種お手続きに関して

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  C型肝炎治療は新たなステージへ

C型肝炎治療は新たなステージへ

パンジェノタイプ、最短8週間の治療期間

 2017年12月19日 06:10
プッシュ通知を受取る

 全ゲノタイプ(GT)のC型肝炎ウイルス(HCV)感染者に有効(パンジェノタイプ)で、最短で8週間のリバビリン(RBV)フリー治療が可能となる新たな直接作用型抗ウイルス薬(DAA)グレカプレビル(GLE)/ピブレンタスビル(PIB、商品名マヴィレット配合錠)が11月27日に発売され、C型肝炎治療は新たなステージに入った(関連記事:「日本初、全ゲノタイプに有効なC肝治療薬」)。虎の門病院分院(川崎市)分院長の熊田博光氏は、GLE/PIBの特徴とC型肝炎治療の現状について、11月28日に東京都で開かれたメディアセミナーで解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

帰宅後も思い悩んだ診療での出来事は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  C型肝炎治療は新たなステージへ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04511950 有効期限:4月末まで