メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  ケタミンに自殺念慮の抑制作用

ケタミンに自殺念慮の抑制作用

ミダゾラムとのランダム化比較試験

 2017年12月19日 06:15
プッシュ通知を受取る

 大うつ病の自殺念慮に対して全身麻酔薬であるケタミンが短時間で効果を発揮することがランダム化比較試験(RCT)により分かった。近年使用されている抗うつ薬には自殺念慮に対する効果も確認されているが、効果が表れるまでには数週間かかる。自殺のハイリスク患者には短時間で効く薬剤の登場が望まれており、その意味で今回の試験結果は注目される。米・Columbia University Medical CenterのMichael F. Grunebaum氏らがAm J Psychiatry2017年12月5日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  ケタミンに自殺念慮の抑制作用

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02511955 有効期限:2月末まで