メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  ケタミンに自殺念慮の抑制作用

ケタミンに自殺念慮の抑制作用

ミダゾラムとのランダム化比較試験

2017年12月19日 06:15

1名の医師が参考になったと回答 

 大うつ病の自殺念慮に対して全身麻酔薬であるケタミンが短時間で効果を発揮することがランダム化比較試験(RCT)により分かった。近年使用されている抗うつ薬には自殺念慮に対する効果も確認されているが、効果が表れるまでには数週間かかる。自殺のハイリスク患者には短時間で効く薬剤の登場が望まれており、その意味で今回の試験結果は注目される。米・Columbia University Medical CenterのMichael F. Grunebaum氏らがAm J Psychiatry2017年12月5日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  ケタミンに自殺念慮の抑制作用