メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ケタミンに自殺念慮の抑制作用

ミダゾラムとのランダム化比較試験

 2017年12月19日 06:15
プッシュ通知を受取る

 大うつ病の自殺念慮に対して全身麻酔薬であるケタミンが短時間で効果を発揮することがランダム化比較試験(RCT)により分かった。近年使用されている抗うつ薬には自殺念慮に対する効果も確認されているが、効果が表れるまでには数週間かかる。自殺のハイリスク患者には短時間で効く薬剤の登場が望まれており、その意味で今回の試験結果は注目される。米・Columbia University Medical CenterのMichael F. Grunebaum氏らがAm J Psychiatry2017年12月5日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  ケタミンに自殺念慮の抑制作用

error in template: found but mtif was expected