メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  高齢者 »  ポリファーマシー是正へ開業医の取り組み

ポリファーマシー是正へ開業医の取り組み

オリジナルの医療手帳とポーチで

 2017年12月20日 06:20
プッシュ通知を受取る

 高齢者のポリファーマシー(多剤併用)の問題が深刻化しており、各地の大学病院などの大規模施設では幾つかの取り組みが始まりつつある。一方で、開業医など地域の小規模な医療機関では具体的な対策はまだ少ないのが実情である。そのような中、宮川内科小児科医院(横浜市)院長の宮川政昭氏は患者の服薬状況などを詳細に把握することで残薬を減らし、ポリファーマシーを解決するために独自の取り組みを行っていることを、第38回日本臨床薬理学会(12月7~9日)で報告した。(関連記事

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  高齢者 »  ポリファーマシー是正へ開業医の取り組み

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07511946 有効期限:7月末まで