メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

禁煙で大腸がんの予後は変わるか

欧米における前向きコホート研究の大規模メタ解析

 2017年12月20日 06:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 喫煙が大腸がんの発症や死亡に関与することは、さまざまな研究で示されている。一方、喫煙を続けた場合と禁煙した場合で、大腸がん患者の予後がどのように異なるのかについては、エビデンスが限られている。ドイツ・German Cancer Research CenterのJ. M. Ordóñez-Me氏らは、国際共同疫学研究であるConsortium on Health and Ageing: Network of Cohorts in Europe and the United States(CHANCES)に参加する、14件のコホート研究における大腸がん患者1万2,414例の喫煙行動に関するデータのメタ解析を実施。その結果をAnn Oncol2017年12月13日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  禁煙で大腸がんの予後は変わるか

error in template: found but mtif was expected