メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  禁煙で大腸がんの予後は変わるか

禁煙で大腸がんの予後は変わるか

欧米における前向きコホート研究の大規模メタ解析

2017年12月20日 06:15

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 喫煙が大腸がんの発症や死亡に関与することは、さまざまな研究で示されている。一方、喫煙を続けた場合と禁煙した場合で、大腸がん患者の予後がどのように異なるのかについては、エビデンスが限られている。ドイツ・German Cancer Research CenterのJ. M. Ordóñez-Me氏らは、国際共同疫学研究であるConsortium on Health and Ageing: Network of Cohorts in Europe and the United States(CHANCES)に参加する、14件のコホート研究における大腸がん患者1万2,414例の喫煙行動に関するデータのメタ解析を実施。その結果をAnn Oncol2017年12月13日オンライン版)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  禁煙で大腸がんの予後は変わるか