メニューを開く 検索を開く ログイン

造血幹細胞移植のCMV感染を薬物で予防

抗ウイルス薬letermovirの第Ⅲ相試験

 2017年12月21日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Dana-Farber Cancer InstituteおよびBrigham and Women's HospitalのFrancisco M. Marty氏らは、サイトメガロウイルス(CMV)抗体陽性の同種造血幹細胞移植患者を対象に抗ウイルス薬letermovirのCMV感染予防効果を検討した第Ⅲ相多施設共同プラセボ対照ランダム化比較試験の結果をN Engl J Med2017年12月6日オンライン版)に発表した。移植後24週間以内の臨床的に意味のあるCMV感染(先制治療を必要とするCMV感染症またはCMV血症)の発生率が、移植後14週間のletermovir予防投与によりプラセボ投与に比べて有意に低下した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  造血幹細胞移植のCMV感染を薬物で予防