メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  高齢者 »  ポリファーマシー外来、2年目の現状と課題

ポリファーマシー外来、2年目の現状と課題

国立病院機構栃木医療センター

 2017年12月21日 06:10
プッシュ通知を受取る

 国立病院機構栃木医療センターでは、2015年1月に「ポリファーマシー外来」を開設し、入院患者の多剤併用処方(ポリファーマシー)に対して医師、薬剤師、看護師などが連携して包括的な介入を行ってきた。同センター内科医長の矢吹拓氏は、第38回日本臨床薬理学会(12月7~9日)で、開設3年を前に同外来の現状と課題を報告した。(関連記事:「多職種チームで取り組むポリファーマシー外来」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者の謝礼は受け取りますか

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  高齢者 »  ポリファーマシー外来、2年目の現状と課題

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07511945 有効期限:7月末まで