メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

手術部位感染、肝胆膵で高率に発生

日本外科感染症学会サーベイランスのサブ解析

 2017年12月22日 06:05
プッシュ通知を受取る

 日本外科感染症学会は、消化器外科手術の周術期感染症を保菌状態も含めて調査する術後感染性合併症サーベイランスを構築してきた。さらに、わが国における周術期感染症の現状を明らかにする目的で、2015年から2016年にかけて特別集中期間を設定し、術後感染性合併症サーベイランス2015年度特別集計(JPICS'15)を行った。手稲渓仁会病院(札幌市)外科副部長の高田実氏らは、臓器や体腔における手術部位感染(SSI)の現状を明らかにするために同研究のサブ解析を行い、臓器・術式別にSSI発生率などを算出。その結果、肝胆膵手術ではSSI発生率が高く、特に臓器・体腔感染率が高率であったことなどを、第30回日本外科感染症学会(11月29~30日)で報告した。(関連記事:「術後遠隔感染で病院の財政負担増」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  手術部位感染、肝胆膵で高率に発生

error in template: found but mtif was expected