メニューを開く 検索を開く ログイン

新規がんの約2割が二次がん

がんサバイバーの臨床試験参加が必要

 2017年12月22日 06:20
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・University of Texas Southwestern Medical CenterのCaitlin C. Murphy氏らは、新規にがんと診断された患者におけるがんの既往歴を、米国立がん研究所(NCI)のがん疫学登録データベースSEERのデータを用いて検討した。その結果、新規がんの約2割は二次以上の原発がんで、過去に発症したがんの有病率は年齢と新規がんの種類で異なることを、JAMA Oncology2017年11月22日オンライン版)で報告した。(関連記事:「【解説】二次がん対策は喫緊の課題」、「【キーワード】二次がん」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  新規がんの約2割が二次がん

error in template: found but mtif was expected