メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  【解説】二次がん対策は喫緊の課題

【解説】二次がん対策は喫緊の課題

日本小児血液・がん学会理事長/広島大学病院小児外科教授 檜山 英三

 2017年12月22日 06:15
プッシュ通知を受取る

〔編集部から〕新規にがんと診断された患者におけるがんの既往歴について、米国立がん研究所(NCI)のがん疫学登録データベースSEERのデータを用いた検討の結果から、新規がんの約2割は二次以上の原発がんで、過去に発症したがんの有病率は年齢と新規がんの種類で異なることが、JAMA Oncology2017年11月22日オンライン版)で報告された。(関連記事:「新規がんの約2割が二次がん」、「【キーワード】二次がん」)。同報告の意義、および日本の二次がんの実態について、日本小児血液・がん学会理事長で広島大学病院小児外科教授の檜山英三氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

「新御三家」として一世を風靡したスター逝く。西城秀樹の代表曲といえば?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  【解説】二次がん対策は喫緊の課題

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P05511973 有効期限:5月末まで