メニューを開く 検索を開く ログイン

新規抗体薬で片頭痛の回数が減少

fremanezumabの第Ⅲ相ランダム化比較試験で確認

 2017年12月25日 06:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 慢性片頭痛患者を対象に、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)を標的としたヒトモノクローナル抗体fremanezumabの頭痛予防効果を第Ⅲ相国際多施設共同ランダム化比較試験で検討した結果、同薬は頭痛の回数を有意に減少させた。米・Thomas Jefferson UniversityのStephen D. Silberstein氏らがN Engl J Med2017; 377:2113-2122)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  新規抗体薬で片頭痛の回数が減少

error in template: found but mtif was expected