メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  妊婦へのワクチン接種は児のインフルを予防

妊婦へのワクチン接種は児のインフルを予防

前向きコホート研究

2017年12月25日 06:05

 生後6カ月未満児はインフルエンザ重症化の高リスク群だが、ワクチン接種の適応がない。また、米国予防接種諮問委員会(US-ACIP)、世界保健機関(WHO)のポジションペーパーでは妊婦への同ワクチン接種が推奨されているが、出生児への効果に関する報告は限られている。そのため大阪市立大学大学院公衆衛生学教室准教授の大藤さとこ氏らは大阪産婦人科医会の協力を得て、母親の同ワクチン接種による生後6カ月未満児への予防効果を検討。その結果、児の罹患リスクを有意に低下させることを第21回日本ワクチン学会(12月2~3日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  妊婦へのワクチン接種は児のインフルを予防