メニューを開く 検索を開く ログイン

花粉症は"都民病"、2人に1人が罹患

第4回東京都花粉症患者実態調査

 2017年12月25日 06:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 スギ花粉症の有病率は全国規模で年々上昇傾向にあり、今や"国民病"と称されている。東京都ではその状況が深刻で、もはや"都民病"ともいえる事態になっている。東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科講師の浅香大也氏は12月21日、東京都で開かれたNPO花粉情報協会主催のスギ・ヒノキ花粉飛散予測セミナーで、第4回東京都花粉症患者実態調査(2016年度)の結果を報告。東京都民の花粉症推定有病率は48.8%に上り、10年前に実施した第3回調査で算出された28.2%を大幅に上回ったことを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  アレルギー »  花粉症は"都民病"、2人に1人が罹患

error in template: found but mtif was expected