メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

HIV感染を2060年までに終息も可能

 2017年12月26日 11:20
プッシュ通知を受取る

 全てのHIV感染者に抗レトロウイルス療法(ART)を今年(2017年)から実施できると仮定した場合、わが国のHIV感染を2060年ごろに終息できるという推計結果を国立国際医療研究センター臨床研究センターデータサイエンス部数理疫学研究室室長の尾又一実氏らがまとめた。現在ARTの実施率は推計で約70%であり、今年から100%実施するのは現実的に困難だが、世界的な目標である81%に設定したシナリオでは、終息までにはかなりの年月が必要となると推計。ただ、このシナリオでは2031年までにARTの累計費用を1,000億円程度の節減ができると試算された。この研究は第31回日本エイズ学会(11月24~26日)で発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  HIV感染を2060年までに終息も可能

error in template: found but mtif was expected