メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  キイトルーダ、既治療胃がんで効果示せず

キイトルーダ、既治療胃がんで効果示せず

2017年12月27日 11:50

1名の医師が参考になったと回答 

 MSDは12月14日、免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)について、進行胃がんまたは胃食道接合部がんの二次治療以降における有効性と安全性を評価する第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験KEYNOTE-061の結果を発表。同試験において、主要評価項目であるPD-L1陽性(Combined Positive score;CPS1%以上)患者における全生存期間(OS)の延長が達成されなかったと発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  キイトルーダ、既治療胃がんで効果示せず