メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  キイトルーダ、既治療胃がんで効果示せず

キイトルーダ、既治療胃がんで効果示せず

 2017年12月27日 11:50
プッシュ通知を受取る

 MSDは12月14日、免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)について、進行胃がんまたは胃食道接合部がんの二次治療以降における有効性と安全性を評価する第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験KEYNOTE-061の結果を発表。同試験において、主要評価項目であるPD-L1陽性(Combined Positive score;CPS1%以上)患者における全生存期間(OS)の延長が達成されなかったと発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  キイトルーダ、既治療胃がんで効果示せず

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06512076 有効期限:6月末まで