メニューを開く 検索を開く ログイン

キイトルーダ、既治療胃がんで効果示せず

 2017年12月27日 11:50
プッシュ通知を受取る

 MSDは12月14日、免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)について、進行胃がんまたは胃食道接合部がんの二次治療以降における有効性と安全性を評価する第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験KEYNOTE-061の結果を発表。同試験において、主要評価項目であるPD-L1陽性(Combined Positive score;CPS1%以上)患者における全生存期間(OS)の延長が達成されなかったと発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  キイトルーダ、既治療胃がんで効果示せず

error in template: found but mtif was expected