メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

発達障害に精神分析?

『発達障害の時代とラカン派精神分析-<開かれ>としての自閉をめぐって-』編著者インタビュー〔第2回〕

 2017年12月27日 07:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 2005年4月の発達障害者支援法の施行以来、自閉症スペクトラム障害(ASD)・注意欠如・多動性障害(ADHD)・学習障害(LD)などの当事者を支援する制度が充実し啓発活動が盛んに行われるようになったことで、臨床でも学校でも会社でも、当事者の行動パターンの特性の理解や問題行動の早期発見が重視されるようになった。また、『精神疾患の分類と診断の手引き第5版』(DSM-5)を用いた操作的診断の普及に伴い、以前であれば幼児・児童神経症と診断された子供がASDやADHDと診断され、環境調整・行動学習・精神療法・薬物療法などによる環境への素早い適応が目指されるようになった。これら現代の発達障害の臨床に「心の価値下落」の兆候を見いだし、『発達障害の時代とラカン派精神分析-<開かれ>としての自閉をめぐって-』でその問題を論じた編者の上尾真道氏(精神医療思想史)と牧瀬英幹氏(臨床心理)に、発達障害に関わる人が考えるべき問題は何かを聞いた。

『発達障害の時代とラカン派精神分析-<開かれ>としての自閉をめぐって-』(晃洋書房、2017年)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  発達障害に精神分析?

error in template: found but mtif was expected