メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

初のタブレット治療法、臨床試験で成果

ADHDにおける認知障害に対し

 2017年12月27日 06:00
プッシュ通知を受取る

 米・Akili社は、開発中の医療用デジタルメディシンであるAKL-T01がランダム化比較試験(RCT)で小児の注意欠如・多動性障害(ADHD)における認知障害を有意に改善したと発表した。AKL-T01は、タブレット端末によるアクションビデオゲームの操作を通じて治療を行える初の医療用デジタルメディシン。現在、本格的なデータ解析を行っており、今後は学術会議や論文投稿を行うとしている。同社は米食品医薬品局(FDA)にADHDの治療システムとして申請する方針。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  初のタブレット治療法、臨床試験で成果

error in template: found but mtif was expected