メニューを開く 検索を開く ログイン

世界のインフルエンザ関連死は65万人

CDCとWHOの推計

 2017年12月27日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 インフルエンザに関連する死亡者数の推計は、国内および国際的な公衆衛生上の対応策の優先順位を決めるに際し重要である。米疾患対策センター(CDC)、世界保健機関(WHO)をはじめとする国際共同研究チームで行った最新の推計によると、世界では毎年29万~65万人が季節性のインフルエンザ関連呼吸器疾患で死亡しており、これまでの推計では25万~50万人とされていたが、それを大きく上回ったという。この研究結果は、CDCインフルエンザ部門のA. Danielle Iuliano氏らがLancet2017年12月13日オンライン版)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  世界のインフルエンザ関連死は65万人