メニューを開く 検索を開く ログイン

低用量アファチニブは有効かつ副作用を軽減

EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん

 2017年12月27日 17:45
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する治療に用いられるEGFR-TKIの1つであるアファチニブは、効果が高い半面、副作用も強いといわれてきた。同薬の標準用量は40mg/日であるが、欧州臨床腫瘍学会アジア大会(ESMO Asia 2017、11月17~19日、シンガポール)では、日本人患者を対象に低用量のアファチニブの有効性および安全性を検討する前向き単群オープンラベル多施設共同第Ⅱ試験〔京都胸部腫瘍研究グループ(KTORG) 1402〕の結果が報告され、日本人患者では20mg/日でも有効性は変わらず、かつ副作用が軽減されることが示された。同試験の責任研究者で関西医科大学病院呼吸器腫瘍内科准教授の吉岡弘鎮氏に、試験の背景とその結果から得られる展望を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  低用量アファチニブは有効かつ副作用を軽減