メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  ロボットがパーキンソン病の歩行機能を改善

ロボットがパーキンソン病の歩行機能を改善

ケーブル介し骨盤に力を加え歩行訓練

 2017年12月28日 06:00
プッシュ通知を受取る

 パーキンソン病(PD)患者が抱える特徴的な症状の1つである歩行障害は、転倒によるけがのリスクを高め、QOLを低下させる大きな要因となる。そのため、歩行障害の改善は患者の健康に大きな利益をもたらす。米・Columbia UniversityのSunil K. Agrawal氏らは、骨盤にさまざまな方向から力を加えるロボット装置(Active-Tethered Pelvic Assist Device ; A-TPAD)を用いた歩行訓練の効果を検討した結果、PD患者の歩行機能やバランス能力が改善したとSci Rep2017; 7: 17875)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

開幕直前の平昌五輪!金メダルを期待する競技は?応援している選手名や五輪にまつわる思い出があれば教えてください。

ホーム »  ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  ロボットがパーキンソン病の歩行機能を改善

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P01512133 有効期限:1月末まで