メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ロボットがパーキンソン病の歩行機能を改善

ケーブル介し骨盤に力を加え歩行訓練

 2017年12月28日 06:00
プッシュ通知を受取る

 パーキンソン病(PD)患者が抱える特徴的な症状の1つである歩行障害は、転倒によるけがのリスクを高め、QOLを低下させる大きな要因となる。そのため、歩行障害の改善は患者の健康に大きな利益をもたらす。米・Columbia UniversityのSunil K. Agrawal氏らは、骨盤にさまざまな方向から力を加えるロボット装置(Active-Tethered Pelvic Assist Device ; A-TPAD)を用いた歩行訓練の効果を検討した結果、PD患者の歩行機能やバランス能力が改善したとSci Rep2017; 7: 17875)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  ロボットがパーキンソン病の歩行機能を改善

error in template: found but mtif was expected