メニューを開く 検索を開く ログイン

【解説】がん遺伝子解析の革新

国立がん研究センター東病院消化管内科 坂東英明

 2017年12月28日 10:50
プッシュ通知を受取る

〔編集部から〕米食品医薬品局(FDA)は11月30日、次世代シークエンス(NGS)解析により、324種の遺伝子変異を一度に探索できる検査法「FoundationOne CDx (F1CDx)」(米・Foundation Medicine社)を承認したと発表した(関連記事:「324種のがん遺伝子変異を一度で検査」)。同検査法は、FDAがこれまで承認してきた非小細胞肺がんや悪性黒色腫、乳がん、大腸がん、卵巣がんなどのコンパニオン診断薬で測定可能ながん関連の遺伝子変異を1回の検査で探索する。では、こうした検査法はがん患者にどのような恩恵をもたらすのか。国立がん研究センター東病院消化管内科の坂東英明氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  【解説】がん遺伝子解析の革新

error in template: found but mtif was expected