メニューを開く 検索を開く ログイン

エイズ死因、自殺・エイズ関連疾患も依然と問題

大阪市立総合医療センターの2010年以降の検討

 2017年12月28日 06:25
プッシュ通知を受取る

 大阪市立総合医療センター感染症内科医長の笠松悠氏は、2010年以降の自施設でのHIV感染者死亡例を後ろ向きに検討した結果を第31回日本エイズ学会(11月24~26日)で報告した。最も多かった死因はエイズ関連疾患で、次いで非エイズ指標悪性腫瘍(NADC)、自殺などの順。NADCが増加してきているが、依然としてエイズ関連疾患や自殺が多い現状が分かった。〔関連記事:「エイズ死因、非エイズ指標疾患の増加が鮮明に」〕

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  エイズ死因、自殺・エイズ関連疾患も依然と問題

error in template: found but mtif was expected